オーダーメイドのステッカーの印刷ならヨカプリ.comへ!日本全国どこへでもお届け可能。よかステッカーが欲しかならヨカプリ.comに任せんしゃい!
 オーダーメイドのステッカーの印刷ならヨカプリ.comへ!

2018年10月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

当店の定休日はカレンダーをご参考下さい。
今日は です。

Pixiaでのステッカー印刷用データ作成上の注意

Pixiaで、ご入稿いただくステッカー印刷用データの作成時には、以下の点にご注意ください。

入稿データ作成の一般的注意事項もお読み下さい。

カット線を指定するには

下図のようなイラストのステッカーを作るには・・・

  • カット線を指定するレイヤーを作成します。レイヤー名を「カットレイヤー」等のカット線を指定するレイヤーだと分かるように名前を付けてください。合成方法は「合算」にしておくと作業がしやすいと思います。

  • 「閉領域」を用いてステッカーの輪郭を抽出します。イラストの外側の白地から選ぶと輪郭の抽出が簡単にできます。

  • 上で選択したイラストの外側の領域を「領域を痩せさせる」で痩せさせます。その後、領域を反転させて領域内にイラストが含まれるようにします。

カット線の指定をしたいレイヤー上で(ここでは「カットレイヤー」のレイヤー)、上で作成した領域内に色を付けます。色はなんでも構いませんが、複数の色を使わないでください。ここで指定した色は印刷時には反映されませんので、ご安心(ご注意)下さい。

これで完了です。後は保存します。保存形式はpsd形式で保存してください。

※ここで説明した領域の作成の仕方はあくまでも例です。この方法でなくてもご自由にカット線としたい領域を作成していただいて構いません。その際にも必ずカット線を指定するレイヤーだと分かるように「カットレイヤー」等の名前をお付け下さい

※カット線がご指定がされてない場合でも、こちらで対応可能な範囲で付けさせて頂くことが出来ます。

※この例ではイラストのまわりに白フチを付けて作成しています。この場合には必ず白フチの隙間を3mm以上空けて下さい。白フチを付けないで作成する場合には次の「白フチを付けたくない場合には」をお読みください。

白フチを付けたくない場合には

     
  • イラストのまわりに白フチをつけたくない場合には、左図のようにカット線の外まで3mm以上はみ出して塗り足して下さい。作成の仕方はあらかじめ縁まで込めたイラストを作成しておき、「カット線を指定するには」で説明した「領域を痩せさせる」の代わりに「領域を太らせる」を使うと作成できます。また印刷サイズは塗り足し部分まで含めたものとなります。ただしこのように仕上げた場合には、シールの端に反りが生じやすくなります。

  •     

その他には・・・

  • ・データ形式は必ずpsd形式でお願いします。
  • ・印刷データのサイズは必ず原寸サイズでお願いします。

Pixiaの使い方を学ぶ!

pixiaの使い方をこれから学ぼうという方は、以下のサイト様などご参考にどうぞ。

使い方に慣れてきた方は、こちらのサイト様などいかがでしょう。

その他、数が多いのでここでは紹介しきれませんが、Pixiaのホームページをご紹介します。チュートリアルをされてるサイト様へのリンクが豊富にありますので、ぜひご参考下さい。

ログイン

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

MYページへ
このページのTOPへ