オーダーメイドのステッカーの印刷ならヨカプリ.comへ!日本全国どこへでもお届け可能。よかステッカーが欲しかならヨカプリ.comに任せんしゃい!
 オーダーメイドのステッカーの印刷ならヨカプリ.comへ!

2018年10月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

当店の定休日はカレンダーをご参考下さい。
今日は です。

Photoshopでのステッカー印刷用データ作成上の注意

Photoshopで、ご入稿いただくステッカー用データの作成時には、以下の点にご注意ください。

入稿データ作成の一般的注意事項もお読み下さい。

カット線を指定するには

  • 左図のようなステッカーのデータを作成するには?
    絵のまわりを囲った黒線をカット線とする場合・・・

イラストにパスを書き入れます。

  • 左図のようにカット線にするパスに「カット線」と名前を付けて保存してください。

※カット線がご指定がされてない場合でも、こちらで対応可能な範囲で付けさせて頂くことが出来ます。

※この例ではイラストのまわりに白フチを付けて作成しています。この場合には必ず白フチの隙間を3mm以上空けて下さい。白フチを付けないで作成する場合には次の「白フチを付けたくない場合には」をお読みください。

白フチを付けたくない場合には

     
  • イラストのまわりに白フチをつけたくない場合には、左図のようにカット線の外まで3mm以上はみ出して塗り足して下さい。また印刷サイズは塗り足し部分まで含めたものとなります。ただしこのように仕上げた場合には、シールの端に反りが生じやすくなります。

  •     

その他には・・・

  • ・データ形式はpsd形式もしくはeps形式にして下さい。
  • ・画像解像度は原寸で300dpi以上を目安にお願いします。解像度が低い場合には画質が粗くなります。用途によっては解像度は低くても大丈夫な場合があります。
  • ・カラーモードはCMYKで作成をお願いします。
  • ・バージョンはCCまで対応しています。
  • ・印刷データのサイズは原寸サイズでお願いします。
  • Mac OSで作成された場合には、ファイルの拡張子を付けたものを必ずご用意ください。
  •      

ログイン

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

MYページへ
このページのTOPへ