オーダーメイドのステッカーの印刷ならヨカプリ.comへ!日本全国どこへでもお届け可能。よかステッカーが欲しかならヨカプリ.comに任せんしゃい!

2018年7月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2018年8月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

当店の定休日はカレンダーをご参考下さい。
今日は です。

Illustratorでのステッカー用データ作成上の注意

Illustratorで、ご入稿いただくステッカー用データの作成時には、以下の点にご注意ください。

印刷用ご入稿データ作成の一般的注意事項もお読み下さい。

カットラインは別レイヤーで

左図のようなステッカーのデータを作成するには?
絵のまわりを囲った黒線をカット線とする場合・・・

カット線を付ける場合には、カット線だけをまとめて別レイヤーに入れてください。またレイヤー名はカット線のレイヤーであることが分かりやすいように、「カットライン」などの名前をお付け下さい。カット線のレイヤーは最上位に置いて下さい。

※カット線がご指定がされてない場合でも、こちらで対応可能な範囲で付けさせて頂くことが出来ます。

※この例ではイラストのまわりに白フチを付けて作成しています。この場合には必ず白フチの隙間を3mm以上空けて下さい。白フチを付けないで作成する場合には次の「白フチを付けたくない場合には」をお読みください。

白フチを付けたくない場合には

     

イラストのまわりに白フチをつけたくない場合には、左図のようにカット線の外まで3mm以上はみ出して塗り足して下さい。また印刷サイズは塗り足し部分まで含めたものとなります。ただしこのように仕上げた場合には、シールの端に反りが生じやすくなります。

    

その他に・・・

  • ・カラーモードはCMYKで作成をお願いします。
  • ・文字は必ずアウトラインをかけて下さい。
  • ・バージョンはCS3以下に対応しています。
  • ・画像の配置はデータの容量を抑えるために、リンク配置でお願いします。
  • ・印刷データのサイズは原寸サイズでお願いします。
  • ・透明部分のある画像を配置する場合には、全体に「ラスタライズ」(「オブジェクト」→「ラスタライズ」)をお掛け下さい。お掛けにならない場合には不具合が生じます。illustratorやphotoshopでクリッピングマスクをかけている場合には必要ありません。
  • ・ドロップシャドウをお使いになられた場合、場合によって不具合が生じることがあります。「効果」→「スタイライズ」→「ドロップシャドウ」からかけられると不具合が生じない場合もありますが、いずれにせよドロップシャドウをお使いの場合には不具合が生じることがあることをあらかじめご了承ください。どうしてもお使いになる必要がある場合には、透明画像の配置の時と同様に全体にラスタライズをお掛け下さい。
  • Mac OSで作成された場合には、ファイルの拡張子を付けたものを必ずご用意ください。

ログイン

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

MYページへ
このページのTOPへ