オーダーメイドのステッカーの印刷ならヨカプリ.comへ!日本全国どこへでもお届け可能。よかステッカーが欲しかならヨカプリ.comに任せんしゃい!

2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年2月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

当店の定休日はカレンダーをご参考下さい。
今日は です。

Gimpでのステッカー用データ作成上の注意

Gimpで、ご入稿いただくステッカー印刷用データの作成時には、以下の点にご注意ください。

入稿データ作成の一般的注意事項もお読み下さい。

カット線を指定するには

下図のようなイラストのステッカーを作るには・・・

  • 左図のように作りたいステッカーの形で選択範囲を作ります。

選択範囲内をコピーします。新規レイヤーを作成します。この時「レイヤー塗りつぶし方法」は透明を選んでください。

そのまま選択範囲を解除せずに新規レイヤーに張り付けます。これでピッタリと背景の画像と一致していると思います。この時、背景レイヤーの画像と張り付けた画像とをずらしてしまわないように気を付けてください。

張り付けた状態で背景レイヤーを不可視にしたところです。

  • 選択を解除すると、レイヤーの構造は左画像のようになると思います。張り付けたレイヤーの可視範囲がそのままステッカーの形になります。カット線を指定される場合には必ずそのレイヤーがカット線に使われるレイヤーだと分かるように「カットレイヤー」などの名前をお付け下さい。

保存形式をpsdで保存します。保存の際にファイルタイプを「Photoshop画像」を選択して保存してください。

※カット線がご指定がされてない場合でも、こちらで対応可能な範囲で付けさせて頂くことが出来ます。

※この例ではイラストのまわりに白フチを付けて作成しています。この場合には必ず白フチの隙間を3mm以上空けて下さい。白フチを付けないで作成する場合には次の「白フチを付けたくない場合には」をお読みください。

白フチを付けたくない場合には

     
  • イラストのまわりに白フチをつけたくない場合には、左図3mm以上はみ出して塗り足して下さい。また印刷サイズは塗り足し部分まで含めたものとなります。ただしこのように仕上げた場合には、シールの端に反りが生じやすくなります。

  •     

注意点

  • ・データ形式は必ずpsd形式でお願いします。
  • ・印刷データのサイズは必ず原寸サイズでお願いします。

ログイン

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

MYページへ
このページのTOPへ